‹  BACK TO EXHIBITIONS
Micky HOOGENDIJK “Fortitudo” 2013, Inkjet Print, 1105×1910mm

JUXTAPOSE – Dutch Art & Design

May 15th – June 5th, 2014

ULTRASUPERNEW GALLERY and EMBASSY OF THE KINGDOM OF THE NETHERLANDS are delighted to organise the exhibition “Juxtapose ‐ Dutch Art and Design” curated by KANA KAWANISHI.

By exhibiting works of photography artists and designers in juxtapose ‐ positioned side by side ‐, this exhibition will allow a new overview and in‐depth understanding of creativity from the Netherlands.

Micky HOOGENDIJK’s “Fortitudo” is a strong image of a man striding forward in high contrast of black and white. It’s masculine silhouette beautifully expresses the bold determination of proceeding with its simple compositional division from past to future.

Hiroshi ONO’s “Waterland ‐Het heldere landschap‐” is a beautiful juxtapose image of Dutch landscape and waterscape aside each other in respect to its history. Man‐made land in the Netherlands is created by reclamation, beginning from a waterscape then withdrawing its water. The peaceful images allow us to experience the views of current and the past with its subdued clearness, peacefulness and freedom.

Contemporary art and design have always been placed together side by side. Ceramics such as the “1616/Arita Japan” is a fine example of Dutch design combined with Japanese craftsmanship producing an outstanding creative and innovative result. This unique exhibition gives a clear vision of Dutch inspiration in a new perspective.

■Artists: Micky Hoogendijk, Hiroshi Ono
■Designers: Gerrit Rietveld, Scholten & Baijings, Daniel Hulsbergen, Samira Boon, others
■Curation: Kana Kawanishi
■Corporation: The Embassy of the Kingdom of the Netherlands in Tokyo

■OPENING RECEPTION: May 15th (Thu) 18:00-20:00

ULTRASUPERNEW GALLERYとオランダ王国大使館は、KANA KAWANISHI ART OFFICEキュレーション のグループ展「Juxtapose ­ Dutch Art and Design」を開催致します。

本展覧会では、現代美術の写真作家とプロダクトデザインの作品を共に展示することで(展覧会名に起用 の「Juxtapose」は「並列配置」を意味します)、オランダより生まれる創造性に対する幅広い概観と深い 造詣を同時に見出だすことを試みます。

ミッキー・ホーヘンダイクの「Fortitudo」は白と黒の対比的なコントラストにて力強く歩む男性を示し、その強固な信念をたずさえた勇ましいシルエットは、シンプルな美しい画面構成にて過去から未来への歩 みを表現します。

小野博の「Waterland ­Het heldere landschap­」は、美しいオランダの風景と水景を並列対比で示しながら、 オランダの成り立ちに着目します。干拓の歴史があるオランダでは、平たく広がる象徴的な風景の多くも 元々は水辺であり、そこから水を抜き取ることで大地をつくってきました。独特な肯定感を持ちながら静 謐に平和的に佇む風景写真と水景写真は、オランダの現在と過去の姿でもあるのです。

現代美術とデザインは、これまでも常に「隣合せ」の関係でした。オランダデザインと日本工芸美術の融合例に、ふたつを見事に掛け合わせることで新たな息吹を得た「1616 / Arita Japan」を挙げることもできます。 本展覧会を通し、オランダ発信の創造性に対する新しい提示をできますと幸甚です。ぜひご高覧下さい。

■参加アーティスト:ミッキー・ホーヘンダイク、小野博
■参加デザイナー :ヘリット・リートフェルト、ショルテン&バーイング、ダニエル・フルスベルヘン、サミラ・ブーン 他
■企画:KANA KAWANISHI ART OFFICE
■協賛・協力:オランダ王国大使館

■オープニングレセプション: 5月15日(木)18:00-20:00


1616 / Arita Japan “Colour Porcelain (Coffee Cup / Saucer)”
Hiroshi ONO “Waterland ‐Het heldere landschap‐” 2010, Lambda Print, 370×598mm