‹  BACK TO EXHIBITIONS

RASTER 01 by Federico Cabrera

May 12th – 31st, 2016

『RASTER 01』は、ラスターグラフィックス(画像をビットマップとして扱う方式)の鮮明度にインスピレーションを受けたフェデリコ・カブレラによる作品集。

コンピューターグラフィックの世界ではベクトル形式とビットマップ形式という2つのグラフィックが存在します。ベクトル形式は拡大・縮小しても画質が失われませんが、ビットマップ形式の場合は、これが不可能となり、サイズを変更するとオリジナルの見た目や形は失われてしまいます。

写真をより近くで見るほど、画像がたくさんの小さなドットで構成されているのがよく分かります。それは、それぞれのドットが自身より大きいものを創り出すために、共に協力しあっているのです。ドットにとって、自分たちが何を創り出しているか知る由はありませんが、私たちが遠くからそれを見つめることで、一つの形として完成するのです。

そのように作られた写真は、人間そのものを象徴しています。私たち自身がドットの一部であり、全体像を見ることも完全に理解することもできないけれど、一人一人が壮大な銀河を創り出しています。それぞれ不完全でユニークな存在かもしれない。それでも私たちは、不完全さを凌駕する一つの集合体として、自身よりも大きいものを創造しているのです。

RASTER 01 is a series of works by Federico Cabrera, inspired by the definition of a Raster Graphic image.

In computer graphics there are two kinds of graphics, raster and vector. A Vector graphic is infinitely scalable in size, whereas a raster graphic can not be modified or changed in size without loosing its quality and original intended form or look.

We can look at a photograph of a woman turning, captured in a fraction of a second. The closer we look the more obvious it becomes that the photograph is build with a multitude of tiny dots, working together to create something larger than themselves – something they themselves will never see or understand as we do, looking from afar.

That photograph represents us – we are the dots building a universe which we will never get to see or fully understand. In the way we are together – imperfect and unique – we create something larger than ourselves, something perfect in its own imperfection.


About Federico Cabrera

フェデリコ・カブレラ(1981)
アルゼンチン、ブエノスアイレス出身。現在はフィンランド、ヘルシンキを拠点に活動するアーティスト。カブレラのクリエイティブな表現方法は多岐にわたり、ファッションやデザインの分野でその力を発揮している。現在 《REVS MAGAZINE》のクリエイティブ・ディレクターおよびSECT ET SEPTのCEOを務める。またファッションブランドのGILLES ET DADAや、ギャラリー WHO SAID WE CANTを手がけ、若手アーティストが活躍できる場を提供している。

Federico Cabrera (1981) is a multidisciplinary artist born in Buenos Aires, Argentina and currently based in Helsinki, Finland.
Cabrera’s vision has been applied to different creative projects and ventures in the fields of fashion and design. He is currently the creative director of REVS Magazine and director of creative agency SECT ET SEPT. His extensive experience in the creative field include projects such as GILLES ET DADA fashion label and WHO SAID WE CANT gallery, offering a platform for young emerging artists.