‹  BACK TO EXHIBITIONS

Visiting Artist: Jo Peel

November, 2014

Artist Jo Peel is a painter, printmaker, animator, film maker and a rising star of the UK contemporary art movement. Born in Sheffield and armed with a BA Hons degree in Illustration from Falmouth Art College, Jo progressed through a variety of art and design based projects before becoming a commissioned and exhibited artist in her own right from 2008.

Jo’s work is rooted in a poetic urban architecture, capturing intimate elements of the city landscape at moments which could be recent history or perhaps a post-apocalyptic future. Locations are familiar yet decayed, the desolation generally heightened by man’s absence.

In November 2014, she spent a 3 week visit to Japan exploring and taking inspiration from the environment, then painted a piece representing her own unique vision on the landscape on the exterior walls of the UltraSuperNew Gallery. The work is on long term exhibit on the exterior walls of the gallery.

Check it out any time you are in the area.

http://www.jopeel.com/

アーティスト、ジョー・ピールは画家、プリントメーカー、アニメーター、フィルムメーカーといった様々な顔を持つ、イギリス現代美術において期待の星です。シェフィールドで生まれ、ファルマスアートカレッジにてイラストレーションの学士を習得後、2008年に取り上げられ、認められたアーティストになる前から様々なアートやデザインに関するプロジェクト二携わる事で、より才能を開花させてきました。

ピールさんの作品は詩的な現代建築にルーツがあり、その土地の近代の歴史や、時には世界の終焉の後の未来など、様々な瞬間を密接した要素として切り取っています。それぞれの舞台となるロケーションは有名な場所であっても廃れてしまっており、人間の介在が無くなってしまった土地は荒廃が進んでしまいます。

2014年11月、ピールさんは3週間の日本滞在で、その環境から刺激を受け、彼女の目から見たユニークな日本の光景をUltraSuperNew Galleryの外壁に施しました。この作品は、同ギャラリーの外壁として長期間展示されます。

お近くにお越しの際は、是非ご覧ください。