Anything Goes

7 Artists

  • Tue, Oct 26 - Sun, Oct 31 2021
    Open on weekends
  • 11:00-19:00
  • Free entrance

From 10/26 to 10/31 UltraSuperNew Gallery Harajuku will present “Anything Goes”, a group exhibition of 7 artists. Interesting! Beautiful! A little strange! We will deliver an exhibition of anything and everything. Each part of the gallery will have a different atmosphere depending on each artist’s unique style and means of expression, making this an exhibition that you will never get tired of seeing. Please stop by and say hi!

びびぽ

青を基調とした絵を祈りをこめて描いています。
きらきらとした誰か・何かを描くのがすきです。

https://mobile.twitter.com/bibito_po

百合百合

1989年生まれ 秋田県出身
市場大介氏主宰 胃画廊所属
2006年のある日、仏間で絵を描いていたところ、現在の「乙女画」の原型となるイメージが降臨、
以降乙女画家を自称し独学で絵を描き続ける。
テーマは涙、魂、宇宙、輪廻転生。

https://www.instagram.com/yurieury/

Kohei Urakami

1994年生まれ。米ワシントンDCコーコラン美術大学在学中に地元のパンクシーンに入り浸り、バンド活動やツアーでの交流を通じてアナキズムに目覚ざめる。反資本主義・反植民地主義・刑務所廃止論等を訴えるポスターやプロパガンダ制作に没頭。また、世界中のハードコアパンクバンドやライブイベントのデザイン制作を手がけている。横浜市在住。

https://www.instagram.com/mcpick_your_burgerking/

谷崎桃子

人が傷を負うことを回避する術として他者との間に一線を引くことや間接的に付き合うことは必要な自衛策です。ただ一方で感受性が低下している感覚 と危機感を覚えます。その不感症からの回復のために絵の具という物質で肉体的体感できる絵画という手法であることは私にとって必然的です。感受性 が研ぎ澄まされる瞬間や景色や表情を描くことで対モニターやオンラインのやりとりで得られない立体的な経験として表出します。

主な展覧会に、LONELYLONELY論より証拠/駒込倉庫(東京)、個展 lonely girl もう時間/tokyo arts and space(東京)など

https://www.momokotanizaki.com/

ネルノダイスキ

絵画や立体作品の展示をやる傍ら

2013年よりネルノダイスキ名義で

漫画同人誌をつくり始める。

2015年第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で

同人誌「エソラゴト」が新人賞受賞

2017年第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門で

同人誌「であいがしら」が審査員推薦作品選出。

著書

「ひょうひょう」(アタシ社)

「いえめぐり」(KADOKAWA)

https://mobile.twitter.com/nerunodaisuki

オノユウコ

1997年生まれ 京都精華大学デザイン学部イラスト学科卒業
ここではない、いつかどこかを描きます。

https://onoyuko.tumblr.com/