Kit of Parts – 10 Years of Graphic Design

Ian Lynam

  • Fri, Jul 10 - Mon, Aug 03 2015
    Closed on weekends
  • 10:00 – 19:00
  • Free entrance

『Kit of Parts』は、グラフィックデザイナー、教育者、批評家として東京をベースに活動するイエン・ライナムの過去10年の仕事を振り返る展覧会です。この展覧会『Kit of Parts』とライナムが新しく出版予定の書籍『Parting It Out』、この2つのタイトルはライナムが興味を持ち続けている「文化の分解と再構築」を反映したものです。

『Kit of Parts』では、ポスター、タイポグラフィ、スケードボードデザイン、そしてグラフィックデザインに関連する寄稿/編集など、ライナムが東京で過去10年の間に手がけてきた、多岐にわたる仕事を見ることができます。

『Parting It Out』は現代文化(オリンピック、タイポグラフィ、R. Kelly、キューバ、看板のデザインなど)の側面を垣間見ることのできる、グラフィックデザインを幅広く捉えたエッセイ集で、パーソナルストーリー、デザイン批評、デザインの歴史と文化の研究が万遍なく組み込まれています。

Artist Profile

イエン・ライナムは東京にデザイン事務所を設立し、アイデンティティ、UI/UX、タイポグラフィ、インテリアなどのデザイン及びエディトリアルデザインなどに主力を注いでいる。ポートランド州立大学グラフィックデザイン科を卒業後、カリフォルニア芸術大学にて修士号を取得。バーモント美術大学修士課程グラフィックデザインプログラム委員長、テンプル大学ジャパンミームデザイン学校で非常勤講師を務める。Néojaponismeの共同創刊者であり、雑誌IDEASlantedへの寄稿も行う。
取引先:Google、Adobe、YouTube、Mozilla、NASAほか

www.ianlynam.com