Nico Perez solo exhibition: Havana Cuba “The Reprint”

ニコ・ペレズ

  • Sat, Nov 20 - Sun, Nov 28 2021
    Closed on Monday
  • 11:00-19:00
  • Free entrance

2021年2月から3月にかけて開催した展示会では、個人的に大切な ビジュアル作品を共有することができました。それは感情的な表現であり、作品には私が見せたい「青」がありました。今年に入り、私は人生の色を探していることに気づきました。そして、4年前に雑誌『TRANSIT』で行った旅を振り返りました。当時の東京 は1月、冬。人生で特に辛い時期にいた私は、違う空気を吸いたくて必死でした。幸運にも、この仕事のおかげで、私はいつの間にか地球の反対側のキューバのハバナにいたのです。周りに見える一筋の光と色、暖かさ、そしてエネルギーに圧倒されました。すぐに、この体験を感じたままに伝えなければいけない。そう思いました。自然に飛び散る光、表情豊かな色が写真の中に流れ込ん でいます。周りにあるエネルギーを受け入れながら、それらが私の中に流れていったときのように。

ありがとう、キューバのハバナ。

ペレズ・ニコ

1986年、スペイン・マラガで生まれる。幼少期にイギリス・ロンドンに移住し、スペインとイギリスを行き来しながら子ども時代を過ごす。2008年、初めて東京で、街の「青い」空気感や都市の都市の孤独感にインスピレーションを受ける。2009年、ロンドンで開催された写真家・川内倫子氏のメンバーに選ばれ、写真家になることを決定し、東京に移住。2015年、初の写真集『Momentary』を発表し、同時に個展を開催。以降、個展「Stills from life」(16)、「Kingsland Road」(18)、「Chasing Blue」(19)、「離れる|Take Off」(21)を開催する。東京を拠点に活動中。

pereznico.com