The Wonderful World of Tokyo Transport

Tymen Visser

  • Thu, Jun 11 - Fri, Jun 26 2015
    Closed on weekends
  • 10:00 – 19:00
  • Free entrance

オランダ出身のアーティスト、Tymen Visserが東京の交通手段の素晴らしい世界を表現。力強いデザイン、ピュアな色使い、西洋風のコミックを思い起こさせるスタイルで、平凡でありながらどこかアイコニックな東京の通勤/通学の風景を描き出し、毎日の退屈でうんざりするような景色に命を吹き込みます。それぞれのキャラクターの知られざるストーリーが「缶詰にされた人間」とよく比較された風景の中で生きた物語として蘇り、この街に共存するカラフルな人々の日常生活への想像と探求を可能にしました。Visserの作品は簡単に無意味なものや、習慣の服従に溶け込んでしまうこの社会の中で、周りのものに感性を研ぎ澄ませると、そんな社会に深い人間性が広がることを優しく思い出させてくれます。

また今回、伝説的なオランダ出身アーティストの125周年を記念し、「ヴァン・ゴッホの顔」を展示。ゴッホはVisserと同じく日本の美への解釈に大きく影響され、ヨーロッパの重要なアーティストに多大な影響を与えた「ジャポニスム・ムーブメント」の中心人物でありました。

世代交代、グローバル化による社会の変化に関わらず、Visserのアートからは常に清純な感性があふれています。「生活や社会の進化を物ともせず、美や芸術は広がっていく」ことを、わたしたちに教えてくれるのです。

www.tymenvisser.com